2024年6月 月例会  大切にしたい日本の伝統文化~輪島塗の魅力を知る~ 募集中

石川県輪島市で生産され、全国の漆器産地で初の国の重要無形文化財の指定を受けた輪島塗。124にもおよぶ工程を踏み、堅牢性と優美さを兼ね備えたその作品は、国内だけでなく海外からも注目されています。その輪島に、能登半島地震が襲いました。創業200年余りの田谷漆器店も、工場や事務所棟が全壊、完成間近だった新ギャラリーは焼失しました。しかし地震後に代表取締役に就任した10代目塗師屋の田谷昂大氏は「創造的復興」を目指して前を向いて進んでいます。そして今回、東京にお越しくださり、私たちにその輪島塗の魅力について語ってくださることになりました。対面でご参加の皆様には、ご講話終了後、実際に輪島塗のお碗にも触れていただく予定です。当日会場にお越しいただけないかた向けにZoomでも配信いたしますので、お申込みの際に備考欄に参加方法(対面/Zoom)をご記入ください。私たちが輪島塗について深く“知る”ことが、輪島の方々への応援につながるかもしれません。ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

詳細PDF

詳細

日時 2024年 6月6日(木) 19:00~20:30
会場 対面(日本秘書協会研修室)、オンライン(Zoom)
https://www.hishokyokai.or.jp/jsa/map/
会費 会員1,500円 一般3,000円
定員 対面でのご参加は30名まで

講師プロフィール

田谷 昂大 氏(田谷漆器店 代表取締役)

田谷漆器店漆器プロデューサー。輪島塗生産額が過去最高の年である平成3年、田谷昭宏の長男として輪島に生まれる。
成城大学を卒業後、24歳で輪島に帰郷。田谷漆器店入社。
2020年 伝統工芸の新たな可能性を求めて株式会社The Three Arrowsを設立
2021年 金沢市内に伝統工芸品の器だけで食事のできるレストランCRAFEATを開業
2022年 日本の伝統工芸品をレンタルできるサービスLIFTをスタート
2024年 令和6年能登半島地震を経験

お申込み

月例会(東京)のお申し込みについて

お申し込みについて

各イベントの申し込みフォームよりお申し込みください。

月例会(東京)参加のキャンセルについて

空席待ちの方のためにも必ず日本秘書協会 事務局までご連絡ください。
電話:03-5772-0701
メール:jsa@hishokyokai.or.jp

同時期の交流のチャンス

同時期に、以下のような交流会・セミナーもご用意しております。