12月東京月例会 平山郁夫氏 没後10年記念講演 ― 長女、詩人の平山弥生氏を迎えて ー 募集中

日本画家、平山郁夫氏が2009年12月2日に逝去され、10年の歳月が経とうとしています。平山郁夫氏は、日本文化の源流を求め、仏教伝来の道でもあるシルクロードをくまなく旅し、平和をテーマとした数々の名作を残した戦後の日本画壇を代表する画家で、国際的な文化財保護に尽力した文化勲章受章者でもあり、今なお多くのファンに愛され続けています。今回、12月の月例会では平山氏を偲び、長女、平山弥生氏をお招きして、平山郁夫氏の素顔や思い出を語っていただきます。またご自身が3月11日に脱稿した物語に、画伯が遺したメッセージにより30年ぶりに絵筆をとった母・美知子氏が版画を添えた絵本「いちりんの花」のエピソードや詩人としての生い立ち、日本語の奥深さ、万葉の言葉などついてもお話しいただきます。奮ってご参加ください。

詳細PDF

詳細

日時 2019年12月4日(水)19:15~21:00
会場 一般社団法人 日本秘書協会 研修室
https://www.hishokyokai.or.jp/jsa/map/
時間割 19:00~19:15 受付
19:15~20:45 講演・質疑応答
20:45~21:00 交流会
会費 会員1,500円 一般2,500円 (消費税込、当日会場受付にて)
*お申込み後のキャンセルは、空席待ちの方のためにも必ず協会までご連絡下さい。
定員 30名

講師プロフィール

平山弥生氏 (詩人)

1959年、東京生まれ。詩人。平山郁夫氏の長女。アフガニスタンで開催された「アジア音楽祭」に日本代表として「風と少年」を出品。この作品はのちにパシフィコ横浜に詩碑が立てられた。NHK番組「視点・論点」で中西進氏により作品が紹介される。俳句もたしなみ「NHK俳句」に出演中。2011年3月、講談社より平山美知子・絵、 平山弥生・文による絵本『いちりんの花』を出版。

お申込み

月例会(東京)のお申し込みについて

お申し込みについて

各イベントの申し込みフォームよりお申し込みください。

月例会(東京)参加のキャンセルについて

空席待ちの方のためにも必ず日本秘書協会 事務局までご連絡ください。
電話:03-5772-0701
メール:jsa@hishokyokai.or.jp

同時期の交流のチャンス

同時期に、以下のような交流会・セミナーもご用意しております。