2016年 関西支部11月定例会「日本舞踊に学ぶ~着物の美しい所作~」レポート レポート

レポート内容

詳細

日時 2016年11月11日(金) 19:00~21:00
会場 関西文化サロン「桐の間」 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル 19階

講師プロフィール

小桜 佳之輔 氏(日本舞踊家)

上方歌舞伎塾(松竹㈱主催)を卒業。成駒屋・中村鴈治郎(現・人間国宝の坂田藤十郎)に弟子入り、“中村鴈祥”と名乗り歌舞伎俳優として長らく舞台に立つ。現在は祖母が創流した日本舞踊・小桜流の次期家元として活躍する一方、各地の子供歌舞伎の指導にも携わっている。

レポート

関西支部11月定例会【報告】
「日本舞踊に学ぶ~着物の美しい所作」
月日:11月11日(金)
講師:小桜佳之輔(こざくらよしのすけ)氏
20161111_kansai01

着物を着たときの立ち居振る舞いの注意点や、より美しく見える所作について、実践を交えて教えていただきました。
小桜氏は日本舞踊小桜流の次期家元として活躍されている一方で、歌舞伎俳優としても長らく舞台に立たれていたご経験から、日舞や歌舞伎の世界のお話、NHKの朝の連続テレビ小説「あさが来た」の所作指導の裏話など楽しいお話を伺うことができました。
20161111_kansai03

また、日本舞踊の長唄「七福神」の中から「恵比寿」と端唄「秋の夜」をご披露いただき、会場は贅沢で華やかな雰囲気になりました。間近で拝見する舞姿は、繊細かつ力強く、しなやかで艶やかな美しさでした。
20161111_kansai02

氏には関西支部新春例会で舞をご披露いただく予定で、今から大変楽しみです。