CBSになるには

準CBS資格、CBS資格の資格認定までのステップや試験内容をご紹介します。

資格認定までのステップ

資格認定までのステップ

準CBS資格

※CBSプライマリー試験

・ビジネス実務
電話・来客応対、会議、出張、スケジュール管理、文書管理、慶弔・プロトコールの基礎知識、ビジネスの場で必要な日本語の言葉づかい・表現、ビジネス文書のマナー・文書作成
・ビジネス英語
電話・来客応対などのビジネス会話に必要な表現と丁寧表現、ビジネス文書に必要な語彙と文法の基礎知識、英文解釈、ライティング

CBSプライマリー試験は2科目一括受験、同時合格が必要

試験は2科目120分で行われます。

資格認定までのステップ

CBS資格(準CBS資格取得者のみ受験可能)

※CBSファイナル試験

・オフィス業務管理(Office Administration)90分
秘書業務管理、レコードマネジメント、英文表記技法、リスニング
・経営管理(Management Administration)90分
経営、法律、会計の基礎知識
・秘書実務
(In-Basket Secretarial Practice)160分
いくつかの秘書の日常業務について優先順位を考え、実際に処理するインバスケット方式
・英語による個人面接(Personal Interview)10分

オリエンテーションの参加は任意です。セミナー・演習講座の受講は任意であり、受験に必須ではありません。