秘書のための電話応対 募集中

秘書が身につけなくてはならない電話応対スキルには2つの種類があります。ひとつはいうまでもなく一般的な電話応対スキルです。もうひとつは、「自分あての電話」ではなく、「上司あての電話」に対応しなくてはならないということです。一般論では処理できない上司からの指示や、独特の秘書の表現(言葉づかいなど)が必要になります。単なる伝言番にならないためにも、感じの良い応対だけではなく、「迅速で、正確で、丁寧な」対応が求められています。「このような場合にどうする?」をテーマに具体的な事例でスキルアップを図り、日ごろ疑問に感じていることなどを解決していただきます。

詳細PDF

詳細

日時 2018年2月21日(水) 14:00~18:00
会場 一般社団法人日本秘書協会 研修室
http://www.hishokyokai.or.jp/jsa/map/
プログラム

【テーマ1.「取次ぎの電話」】
●応対例(1)取り次ぐ場合:
・電話のマナー(名のり、挨拶、復唱など)
・声の出し方
・基礎の言葉づかいの徹底(挨拶語、敬語、ビジネス用語、使ってはいけない言葉、効果的な言葉など)
●応対例(2)取り次げない場合:(電話中、社内、外出中、出張中、休暇中など)
・肯定表現スキル(不在伝達の仕方)
・提案型会話スキル(折り返し、再度電話、伝言など)
●応対例(3)取り次いでよいかどうかわからない場合:
・相手先の確認の仕方(名のらない場合など)
・用件の確認の仕方

【テーマ2.「対応に困る電話」】
●応対例(4)待たせる電話
・断る電話(売り込みセールスの電話)
・内容を伝えたくない電話(行き先や戻りの時間など)

【テーマ3.「スケジューリングの電話」】
●応対例(5)
・アポイントメントを取る電話
・アポイントメントの変更の電話

【テーマ4.「慶弔関連の電話」】
●応対例(6)
・会合のお礼の電話
・贈答のお礼の電話

【テーマ5.「顧客タイプ別電話応対スキル」】
・怒っている顧客に対応する
・急いでいる顧客に対応する
・納得しない相手を説得する場合の対応スキル

受講料 会員13,000円 一般19,500円(税込)

講師プロフィール

後藤啓子

四季株式会社、ダイヤルサービス株式会社社長秘書を経てコンサルタントとして独立。キャリアネットワーク代表。
日本秘書協会認定講師、日本能率協会専任講師、日本コールセンター協会専任講師、日本電信電話ユーザ協会指導者級認定講師。著書多数。

お申込み

お申し込みについて

各セミナーの申し込みフォームよりお申し込みください。
また、FAX、郵送によるお申し込みも受け付けております。
以下のPDFをダウンロード、出力のうえ、必要事項を記載してお送りください。
セミナー申込書(PDF:282KB)

受講料のお支払い

銀行振込または郵便振替にてセミナー前日までにお振り込みください。振込手数料はご負担ください。
みずほ銀行 八重洲口支店 当座 0116029 シャ)ニホンヒショキョウカイ
郵便振替 00170-6-56578 (通信欄にセミナーと明記してください。)
なお、お振り込みの控えをもって領収書にかえさせていただきます。

セミナー受講のキャンセルについて

必ず日本秘書協会 事務局まで電話(03-5772-0701)またはメール(jsa@hishokyokai.or.jp)にてご連絡ください。
開催日の3日~2日前までのお取り消しは受講料(消費税込み)の30%をキャンセル料として申し受けます。
開催日の前日、当日のお取り消しの場合は受講料の全額を申し受けます。なお、返金額はすべて振込手数料を差し引いた金額とします。

セミナー検索

別のセミナーを検索する場合は、下記よりセミナーの開催月を選択してください。