6月東京月例会 「心を尽くしたおもてなしは、お客様に必ず届く」~伝説のコンシェルジュに学ぶ「最高のおもてなし」~レポート レポート

髙島屋へ入社後、30年間の営業職を経て、2000年に国内初の「百貨店のコンシェルジュ」を立ち上げられ、最高のおもてなしとは何かを追及、実践された18年間を様々なエピソードを実際のテレビ映像を交えてお話しをいただきました。
お客様に寄り添い、いつもお客様の立場に立って考え行動すること、そしてお客様に喜んでいただくために日々努力され、実践されたお話は、より具体的で心が温まるものでした。また、最後に頂戴いたしました最高のおもてなしを提供するには、「自分がスペシャリストとしてのスキルを身に着ける、更に多くの情報の引き出しを持ち、色々なお客様が見えた時少しでも寄り添える自分を確立する、それには努力しかない」というお言葉は、私たちへの「最高のアドバイス」であり、明日へのエネルギーとなりました。是非、髙島屋現場にてお会いしたく思いました。

DSC_1561

詳細111

日時 2018年6月7日(木)
会場 一般社団法人日本秘書協会 研修室

講師プロフィール

敷田正法 (しきたまさのり) 氏  (株式会社髙島屋日本橋店 総務部顧客グループ 担当部長コンシェルジュ)

1970 年、早稲田大学法学部卒業後、髙島屋入社。日本橋店外商部を経て、1972 年から1979 年までニューヨーク店勤務。その後日本橋店、横浜店を経て、2000 年に日本橋店にコンシェルジュを立ち上げ、定年後も勤務。中央区観光協会特派員。サービス介助士などの資格を取得して仕事に役立てている。著書には、「一流のサービスは感動を生む」「日本橋髙島屋名コンシェルジュに学ぶ人の心を動かす『気遣い力』」「日本橋髙島屋コンシェルジュの最高のおもてなし」等がある。