関西支部新春例会 ~ハープの調べで新年を寿ぐ~レポート レポート

柔らかな午後の日差しが降り注ぐ明るい会場で、華やかに新春例会が開催されました。なかなか間近で聴く機会のないグランドハープの美しく澄んだ音色の演奏は、奏者の愛らしさも加わり、心が洗われる思いがしました。また、話術のプロである乾龍介氏の楽しいスピーチには全員が笑顔になりました。東京から、高橋理事長、塚部理事、塩沢事務局長をお迎えし、終始和やかな雰囲気のなか、参加者同士の親交を深める良い会となりました。

詳細

日時 2018年1月27日(土)
会場 ガーデンシティクラブ大阪「クラブラウンジ」

講師プロフィール

山本 真帆 氏 (ハープ演奏家)

京都生まれ。7才からアイリッシュハープ、10才からグランドハープを始める。2004年 第1回京都日仏ハープ塾入塾審査に最年少12才で合格。2009年 渡仏。パリ・エコールノルマル音楽院にて高等演奏ディプロム(資格)を取得。
2015年夏 帰国後、国内はじめフランス、スペイン、リヒテンシュタイン等でソロ演奏を行う。2017年7月NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」に出演。現在、ソロ、アンサンブル、オーケストラ等の演奏活動を行っている

乾 龍介 氏 (フリーアナウンサー、元朝日放送・アナウンス部長)

大阪教育大学卒業後、朝日放送入社。報道局アナウンス部で多数のラジオ番組、テレビ番組を担当。
1979年4月から1986年3月まで、テレビ「おはよう朝日です」の初代司会を務める。アナウンス部長、役員室長、コンプライアンス室局長を歴任。現在はフリーアナウンサーとして地元FM局での番組担当、高校や大学での講義、講演活動を行っている。趣味は読書、映画鑑賞、クラシックコンサート。

レポート